メニュー

モアテックとはABOUT

磁気シールについて

CVD装置

カテゴリ: 応用例 公開日:2017年12月26日(火)

02

CVD装置とは薄膜形成装置の一つで、半導体の表面に10nmから1000nm程度の薄い膜を堆積する装置です。 
薄膜の原料としてさまざまな種類のガスが使用されていますが、薄膜形成にはこれらのガスに化学反応を起こさせる必要があり、その手段として「熱」「光」「プラズマ」などが利用されています。

成膜速度が速く、処理面積も大きくできる、凹凸のある表面でも満遍なく製膜できるなど、化学気相成長の多くのメリットを使用します。

 

 

低温でも精密な薄膜形成が可能で、熱によるダメージや層間での相互拡散を制御できます。熱分解しにくい原料でも実用的な堆積速度が得られて、熱分解温度の異なる原料同士を用いても、様々な組成比の薄膜が形成できます。

 

弊社ではCVD装置メーカーに、数多くの磁性流体シールをこれまで納入させていただいております。活性ガス等にも強い耐食性のある磁性流体シールも実績がございます。

様々な仕様に対して検討し、最適なご提案をいたしますのでぜひ弊社までご相談下さい。 

関連記事

  • 磁性流体とは?

    サンプル
  • 磁気シールとは?

    磁気シールとは?
  • サンプル

    サンプル

前のページに戻る

お問い合わせはこちら

お電話、またはメールフォームにて承っております。まずはお気軽にご相談ください。

Copyright©株式会社モアテックAll Rights Reserved. - [login]